ブルーライトから目を守るにはルテインサプリが効果的

仕事でもプライベートでもスマートフォンやパソコンを使用する人が増える中、目の疲れを訴える人も増えています。スマホやパソコンから発せられるブルーライトは可視光線の中では最も波長が短く、目に与えるダメージが特に大きいからです。
目の中の水晶体と黄斑部には、「天然のサングラス」と呼ばれているルテインという成分が多く存在しています。水晶体に存在するルテインは、ブルーライトを遮断するフィルターとして働きます。また網膜の中央にある黄斑部では、ブルーライトを吸収して網膜へのダメージを防ぎます。
このようにルテインは目を守るためには不可欠な成分ですが、体内で合成することはできず、しかも年齢を重ねるに従って減少していきます。そのため外部から摂取する必要があります。
ルテイン効果は人体特有の成分ではなく、カロテノイドと呼ばれる天然色素です。緑黄色野菜に多く含まれており、食物から摂取するには、色の濃い野菜を食べることをお勧めします。脂に溶ける性質を持つため、炒め物や揚げ物にしたり、オイルドレッシングで和えると吸収力がアップします。
毎日の食生活で十分な量の野菜を摂るのが難しいときは、サプリで補うことをおすすめします。サプリで摂取する場合は、βカロテンなど他のカロテノイドと一緒に摂取すると、相乗効果により個々の成分の作用が高まります。
ブルーライトから目を守り、白内障などの視覚障害を防ぐために、積極的にルテインを摂取することを心がけましょう。